東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

湧水の豊かな自然を守ろう!【2017年7月8日実施 / 矢川緑地保全地域 / 自然観察 / 湧水 / 湿地 / 川の生きもの / 草刈り】

本日の活動場所である矢川緑地保全地域では、朝から暑い日差しが降り注いでいました。そんな中ではありますが、森に入れば緑に囲まれ心地よく、水に入ればひんやり涼しくて、夏の暑さを忘れてしまいそうです。今日も楽しく元気に活動していきましょう!

まず班ごとに分かれ、保全地域内の自然観察に出発です。リーダーのお話を聞きながら、湧水や湿地の様子、雑木林に棲む動植物などを観察しました。

自然観察から戻ると、本日のメインイベント開始です。矢川に生息する外来植物のオランダガラシ(クレソン)とオオカワヂシャを引き抜いて退治します。
これらの外来種は繁殖力が強く、放っておくとほかの植物が育てなくなってしまいます。本日の活動は、在来の動植物の生育環境を守るうえで、大切な作業になってきます。

護岸に生えている草も刈り取りました!
こうすることで、明るく豊かな水辺環境が保たれます。

一方、子どもたちは川の生きもの探しに夢中です!何がいるのかな~?

草を抜き取ったことで、ザリガニも出てきましたよ!

1時間半ほどの作業で、あっという間にきれいになりました!

ちなみにこちらは、活動中に見つけたヘビの抜け殻です!なかなかいい状態で残っていますね。

最後に記念写真を一枚!みなさん暑い中お疲れ様でした。また来てくださいね♪