東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

みんなで明るい森を育てよう!【2017年7月23日実施 / 八王子大谷緑地保全地域 / 夏休み / 自然観察 / 草刈り / 間伐 / クラフト】

本日は、保全地域体験プログラムで初めての開催となる、八王子大谷緑地保全地域での活動です。今回は、昆虫観察など夏休みにぴったりの企画もご用意しましたよ!今日も一日楽しく活動していきましょう♪

まず、班ごとに分かれ、昆虫観察や萌芽更新の説明などを聞きながら、自然観察に出かけます。当地域では20年間、萌芽更新が計画的に行われていて、四季折々の野草を見ることができます。

事前に仕掛けておいた昆虫トラップの中身を確認!何が入っているかな~?

午前中の活動では、明るい森を育てるための草刈りを行いました。刈込ばさみを使って、みんなで刈り進めていきます。

続いて午後の活動では、午前中に草刈りをした場所で、樹木の間伐を行いました。切った木は、適当な大きさに玉切りし、集積しておきます。
一本の木を切るというのは大変な作業ですが、その分達成感がありますよ♪

草刈りと間伐をしたことで、明るい森に生まれ変わりました!
林床に光があたることにより、たくさんの植物が出てくるといいですね。

広場へ戻ると、クラフト体験の時間です!
竹を使ったブンブンゴマや笛などを作りました。ブンブンゴマを上手に回すと、コマが風を切るいい音が聞こえますよ。

コースター作りにも挑戦しました!木を輪切りにすることから始め、やすりで磨いて完成です。良いお土産ができましたね♪

最後に記念写真を一枚!
今日一日お疲れ様でした。みなさん良い夏休みを~♪