東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

恵みの森の1日里山体験!【2017年11月25日実施 / 宇津木緑地保全地域 / 自然観察/ 森 / クラフト体験 / ゆず / しいたけ / なめこ / 丸太切り】

本日は、「宇津木緑地保全地域」で、里山体験を行いました。ぽかぽか陽気の気持ち良い秋晴れの中、張りきって里山体験していきましょう♪

まずは、リーダーの説明を聞きながら、みんなで保全地域内の自然観察を行いました。

この保全地域は、クヌギやコナラの雑木林のほか、竹林や、栗林・梅林等の、バリエーションに富んだ景観が見られる保全地域です。都会の街並みには無い風景を見ながら、皆さん各々に秋を感じていただきました。

次に、間伐作業を行いました。木を切り倒す方向を決めたら、切り方にも工夫が必要です。リーダーから受け口、追い口等の説明を聞いて、早速作業を開始です!

お母さんと一緒に力を合わせてギコギコ、ギコギコ♪上手に切れたかな?

切り倒した木は、1箇所に集めましょう。みんなで力を合わせて頑張れ~!

手押し車もを使って、どんどん運んでいきましょう♪

間伐作業の後は、お昼休憩をとりました。これはアメリカ発祥のスポーツ、「スラックライン」という綱渡りの遊具で遊んだ時の1コマです。初めてなのに、とても上手ですね。

ハンモックのブランコもとても楽しそう♪

お昼休みのあとは、活動再開!午後は色々な活動チームに分かれて作業しました。こちらは森の恵み収穫チームです。ゆずははしごを使って収穫しました。

ゆずだけでなく、キノコも収穫することができました。こちらが、なめこの写真です。

こちらがしいたけの写真です。どちらも美味しそうですね♪

たくさん収穫できたね!

こちらは、落ち葉掃きの写真です。落ち葉が、リヤカーにどんどん集まっていきます。

カメラにピース♪

玉切りした木を使って、薪割りも行いました。皆さん斧を使って、とても気持ちの良い音を響かせていましたよ♪

こちらはクラフト体験の様子です。あらかじめリーダーが短くカットしてくれた竹を使って、バターナイフや竹トンボを作りました。

最後に記念写真を一枚。みなさんありがとうございました!また遊びに来てくださいね♪