東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

春本番!東京の里山で竹刈り体験!【2018年4月22日実施 / 多摩東寺方緑地保全地域 / 自然観察 / タケノコ掘り / 竹伐採 / ブンブン駒 / 竹鉄砲】

本日は、京王線聖蹟桜ヶ丘駅からバスと徒歩で約15分、多摩市北部に位置する多摩東寺方緑地保全地域で竹刈りを体験します。天候に恵まれ、絶好の活動日和となりました!

まず最初は、保全地域を歩きながら、自然観察を行います。春の草花が綺麗に咲いていました。

次はタケノコ掘りを行います。タケノコ掘りは、竹が大きくなる前に間引く、保全活動の一環です。

大人も子どもも夢中になってタケノコと格闘しました。

大きなタケノコがたくさんとれましたね!今晩はタケノコパーティーかな?

大きなタケノコが掘れた記念にパチリ!

次はいよいよ竹の伐採です。枯れた竹や間隔が近すぎる竹を選んで間引き、光のとおる、健全な竹林を目指します。

倒した竹は、運べる長さに切って、まとめて並べます。

子どもたちも自分よりも大きな竹を相手にみんな真剣です。

お昼休憩の後、午後からは竹を使ったクラフト体験です。

リーダーが用意した見本の中から作りたいものを決めて、制作開始です!

ノコギリで切ったり、ナタで割ったり、いろいろな道具を使って、形を整えていきます。

道具の使い方は、リーダーが丁寧に教えてくれました。

完成した作品と一緒に1枚!

皆さん、お皿や竹鉄砲など、思い思いの作品を作っていました。

上手に竹鉄砲を作っていたね♪

今回は、26名の方に参加していただきました。皆さんのおかげで、竹林もとってもきれいになりました。皆さんにも、良い天気の中、タケノコ掘りや竹伐採、クラフトなど、楽しんで活動してもらえたのではないでしょうか。本当にありがとうございました!