東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

春の恵みにタッチ!宇津木の森で里山体験!【2018年6月3日実施 / 宇津木緑地保全地域 / 自然観察 / 草刈り / 間伐 / 梅もぎ / クラフト体験 / 両引き鋸】

新緑の季節を迎えた宇津木緑地保全地域。本日は、朝から初夏の日差しが降り注ぎ、森の中では、風が吹くと心地よい気候となりました。一日楽しく活動していきましょう♪

まず、班ごとに分かれて自然観察へ出発です。リーダーから里山の植生や管理方法などについてのお話を聞きながら、地域内を散策します。

子どもたちは、虫かごや網を持って歩きます。どんな生きものに出会えるかな?

自然観察から戻ると、全員で草刈りをしました。
鎌の安全な使い方を教わり、繁茂している草を刈り進めていきます。

作業がひと区切りして休憩時間です。思い切り自然の中で遊びましょう♪

午後になると、間伐班と梅もぎ班に分かれて活動しました。
まずこちらは、間伐の様子です。
順番にのこぎりを入れながら、手順に従って伐採していきます。

木を切り倒したら枝払いをして、適当な大きさに玉切りします。
間伐をすることで、林床に光が当たるようになり、明るい森が育っていきます。

続いてこちらは、梅もぎの様子です。
今年も梅の実が、実りの時期を迎えています。

高枝ばさみを上手に使いながら、収穫していきましょう♪

たくさん獲れたね!

1時間ほどの作業で、これだけ収穫することができました!

最後のプログラムは、クラフト体験です。
里山から切り出した材を使って、自分の好きな作品を作りました。

木の枝に穴を開けて、芯を差し込んだら、オリジナル鉛筆の出来上がり!

竹の弓矢も完成!遠くまで飛ばせるかな?

めったにお目にかかれない両引き鋸にも挑戦です。
ふたりで協力しながら、太い丸太を切っていきます。頑張りましょう~!

最後に記念写真を撮って、本日の活動は終了です。
みなさまお疲れ様でした!またのご参加をお待ちしております♪