東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

東京の里山で稲作体験!田植えの季節到来!【2018年6月2日実施 / 横沢入里山保全地域 / 田植え / ザリガニ釣り / じゃがいも掘り / 自然観察 】

横沢入里山保全地域での田植えが始まりました♪

前回(5月26日)に引き続き、天候に恵まれました。

活動を始める前のラジオ体操!

体をほぐしたところで、田んぼに移動しましょう!

まずは、田植えのやり方について、説明を聞きます。

準備が整ったら、いよいよ、田植えの開始です!

みなさん、持参した長靴や裸足になって、田んぼへ入っていきます。

太陽が出ていることもあり、水面はあたたかいのですが、泥の中はひんやり!

田んぼならではの感覚が体験できます。

作業は、苗を植える場所に目印がついている長ヒモを、田んぼに張り、

長ヒモにそって、みんなで一列に整列し、苗を植えていきます。

最初は、慣れないこともあって足をとられ、目印に苗を植えるのも一苦労です。

列をみださないよう、苗が倒れないよう、慎重かつ丁寧に!

だんだん慣れてくると、不思議とテンポ良く進んでいきます。

田んぼ一面、緑色の苗がキレイに並べられました♪

午後は、田植えのほかにも複数の体験をご用意

一つは、子どもたちに大人気のザリガニ釣り!

釣ざおを片手に、みんな真剣です。

とったぞ~!!

あっという間に5~6匹、釣る子も!!

次に、地域内にある畑では、じゃがいも掘りを体験

葉の部分を引きぬくだけでは、全部のじゃがいもは取れないため、スコップで掘って探します。

大量のじゃがいもを掘り、ご満悦♪

最後に、自然観察です。

こちらは、ただの観察ではなく、数多くある植生の中から、

外来種の植物をみわけて抜いていくという作業がありました。

これで予定していた作業は、すべて終了です。

ご参加の皆さま、お疲れさまでした。

植えた苗の成長を見にきてください!またの参加をお待ちしています。