東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

東京の里山で稲作体験!脱穀して稲穂から籾(もみ)を集めよう!【2020年11月8日実施 / 横沢入里山保全地域 / 田んぼ / 脱穀 / ザリガニ釣り / 東京 / ボランティア】

本日の活動は、あきる野市の横沢入里山保全地域で脱穀です。

開会式が終了したら、早速脱穀へGO~♪

今回、脱穀する稲は天日干しが完了しています。「はざかけ」の山3つ分の稲を脱穀することが本日の目標です!張り切って活動開始しましょう!

まずは、はざかけしてある稲を脱穀機の近くまで運び出します。

小さなお子さんも頑張って運んでくれました♪

集めた稲束を脱穀機の中に入れていきます。機械の中で籾(もみ)だけが紙袋に入り、お米になるために収穫されます。

籾の取れた稲わらも無駄にはなりません。この稲わらは、肥料に使われるだけでなく、つる性植物のつる下に引いて、つるの生育を助けるために使います。

結ばれた稲わらは集積場所に集めていきます。上手に運ぶことができたね♪

皆さんのご協力のおかげで、目標である、はざかけ3つの山を無事終わらすことができました。

脱穀以外の活動では、稲わらで「しめなわ」作りに挑戦している人もいました。稲同士を強くねじって作ります♪

ザリガニ釣りにも挑戦しました!

こんなに大きなザリガニを釣っている人もいましたよ♪

天気も良く、活動も進み、有意義な1日でしたね♪

ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!里山へGOで、またお会いできる日を楽しみにしています。