東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

芽吹きの季節、多摩丘陵で里山体験!【2016年3月5日実施 / 七国山緑地保全地域 / 自然観察 / 里山体験 / 森 / 鎌倉古道 / 椎茸】

今日は「芽吹きの季節、多摩丘陵で里山体験!」ということで七国山緑地保全地域での活動です。多少肌寒くもありますが、日向にでると暖かい春の日差しも感じられる気持ちの良い日です。

開会式の後は、早速自然観察に出かけました。タイトルの通り樹木の芽吹きなどを観察して回りました。

里山の自然観察の後は、いよいよ樹木の間伐です。
家族や参加者同士で力を合わせて樹木を伐採し、樹木が育ちやすい環境や明るい林床を作ります。

伐採した樹木は、椎茸のほだ木にするため、一定の長さに切ってひとつの場所に集めます。

お昼休憩をはさんで、午後は下草刈りと椎茸の種駒打ちです。
下草刈りでは刈込鋏で笹などを刈りました。

椎茸の種駒打ちでは以前に伐採したコナラの間伐材にドリルで穴をあけ、椎茸の種駒をトントンと打ち込んでいきます。おいしい椎茸ができますように。

一日の活動の記念に集合写真をパチリ!

本日も安全に楽しく保全活動ができました。みなさんお疲れさまでした。また東京の里山へ来てくださいね!