東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

春本番!東京の里山で竹刈り体験!【2016年4月23日実施 / 多摩東寺方緑地保全地域 / 自然観察 / 里山体験 / 森の手入れ / クラフト体験 / 竹林 / タケノコ掘り】

今日は多摩東寺方緑地保全地域で明るい竹林をつくるために活動します。多摩東寺方緑地保全地域は、大部分に竹林が広がっていますが、これは、かつてはお屋敷があり、その周囲に竹を植えたためと言われています。

今日の天候は曇り。暑くもなく、寒くもない絶好の活動日和です! まずは保全地域の間伐材で作った名札に、自分の名前を書いてから自然観察に出発です!

自然観察では、開花し始めていた山椒の花をみることができました。新緑がまぶしい中をみんなで散策します。

自然観察のあとは、いよいよ竹林の手入れです!
受け口、追い口などの竹の倒し方をリーダーから習います。大きな竹を倒したときは歓声が上がっていました。

こんなに長い竹も切り倒しました。

続いてはタケノコ掘りです。土に埋もれていた茎を切ることがたいへんでしたが、そんなときはみんなで協力して掘りこします。

なかにはこんなに成長したタケノコもありました。

上手に掘れました!

タケノコ掘りのあとは、切った竹を使ってクラフト体験をしました。

花瓶やお皿を作るため、好きな大きさに竹を切ります。まっすぐに切ることができたかな?

竹製の輪ゴム鉄砲も作りました。竹で作ったパーツを組み立てる手順をリーダーに習います。

最後に記念写真を1枚!

参加者のみなさん、今日の活動、ありがとうございました! また東京の里山へ来てくださいね!