東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

初夏の森 多摩丘陵で里山体験!【2016年6月4日実施 / 七国山緑地保全地域 / 自然観察 / 里山体験 / クラフト体験 / 竹の間伐 / 鎌倉古道 / 萌芽更新】

天気は快晴! 本日は、町田市のほぼ中央部に位置する七国山緑地保全地域で、1日の里山体験です。

初めに、みんなで森の中を自然観察しながら散策します。「萌芽更新」と呼ばれる、根株だけ残してそこからの生育を期待する森の再生方法について説明がありました。

七国山の名物「鎌倉古道」の説明も聞きながら、初夏の里山での散策を楽しみました。

自然観察の後は、お昼まで竹の間伐を体験しました。ノコギリで上手に切ることはできたかな?

伐採した竹は、運びやすいように枝を払い、一箇所に集めました。また、竹の一部は午後のクラフト体験の素材として有効活用しました。

午後は刈込バサミを使って草刈です。一列に並んでハサミを入れながら前進します。

膝下まであった草がきれいに刈込まれ、多様な植物が育ちやすくなりました。光が当たるようになった地面からは、新しい植物が生えてくるかもしれません。

続いてシイタケの駒打ちを体験しました。ドリルで開けた穴にシイタケの種駒を木槌で打ち付けます。トントントンと簡単に打ち込めたね!

最後に、里山体験の思い出にクラフト体験で「竹とんぼ」を作りました。小刀を使って羽を薄くする作業にみなさん集中していました。

完成した竹とんぼです。

完成した竹とんぼで、誰が一番よく飛ぶかコンテストをしました。

記念写真を一枚! 皆様お疲れ様でした! また東京の里山へ来てくださいね!