東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

ホタルのふる里を守ろう!【2016年11月12日実施 / 八王子館町緑地保全地域 / 自然観察 / 里山体験 / 森 / クラフト体験 / ホタル】

本日は、八王子市の南部、八王子館町緑地保全地域で、里山体験です。天気は晴れ。絶好の活動日和です。

まず最初は自然観察です。見つけた動植物をチェックするビンゴゲームをしながら、地域内を巡りました。道中では、リンドウやツチアケビ、爪楊枝の原料となるクロモジなどをみつけることが出来ました。

自然観察の後は、午前中は、里山の林床に光を入れるため、アズマネザサなどを刈りました。

リーダーに道具の使い方を習って、1人でも草を刈ることができたね!

今回の活動場所には、大きなアズマネザサが多く繁茂していました。

なんと、2メートルを越えるササを刈ることが出来ました!

お昼休憩をした後、午後からは里山の樹木の成長を助けるため、間伐作業をしました。

木の切り倒し方のレクチャーを受けた後、大人たちを中心にノコギリで切り倒していきます。

切り倒した樹木は、持ち運べるように玉切りにしました。

枝払いの作業は子どもたちの出番です!

活動中にはサワガニと出会うことができました。この里山の湿地環境が豊かな証拠です。

一汗かいた後には、切り出した竹や樹木の間伐材を使って一輪挿しやペンダントなどを作るクラフト体験を開始。切り出した竹の両端をつるで結べば、壁掛けの一輪挿しが完成です!

子どもたちは、樹木のプレートをシールなどで装飾して、オリジナルのペンダントを作っていました。

キレイなペンダントを上手に作ることができたね♪

クラフト体験を終えて記念写真を一枚! 皆様お疲れ様でした! また東京の里山に来てね!