東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

湧水の豊かな環境を守ろう!【2017年12月2日実施 /矢川緑地保全地域 / 自然観察 / 柵作り / クリスマスリース / 落ち葉 / ステンドグラス】

本日は、立川市の南東部、湧水が流れる矢川緑地保全地域で活動です。気持ちの良い青空が広がり、活動には打ってつけの天気でした。

本日最初の活動は自然観察です!自然観察後に柵作りをする班とクリスマスリースを作成する班に分かれて出発しました。

北側の植栽地では主に樹木の解説を、南側の湿地では水辺に集まる生き物の解説を聞きながら地域内を一周しました。リースを作成する班では、デコレーションに使う材料を集めながらの散策です。地面に落ちている葉っぱも立派な材料になるね♪

自然観察から帰ってきた後、柵作りをする班では柵の材料となる杭の作成を開始です。切り出した樹木の先端をナタで尖らして、杭の形に加工していきます。

完成した杭は「かけや(大きなハンマー)」を使って、地面に差し込みます。上手に叩くことができていたね♪

最後に、打った杭同士をロープで結んで柵の完成です。リーダーから結び方を教わりながら、ロープがたわまないように結んでいきます。最終的には10メートルほどの柵が完成しました。柵作り班の皆さんありがとうございました!

リースを作る班では、自然観察の道中で拾った葉っぱやリーダーが用意してくれた材料を使いながらリース作りにチャレンジです。グルーガンやボンドを使ってリースベースの好きな位置にまつぼっくりやドングリ、赤い実などを接着していきます。

リース以外にも、落ち葉のステンドグラスやドングリのやじろべえ作りに挑戦している人もいました。

完成したリースです。今年のクリスマスではぜひ飾ってみてくださいね!

※かわいらしい作品が飾ってあったのでご紹介。リーダー作の樹木の実を使ったマスコット達です♪アイデア1つで色々なものが出来ますね。

最後に記念写真を一枚!

参加者の皆様ありがとうございました。また参加してくださいね!