東京の自然にタッチ 里山へGO! ログイン

活動レポート

東京の里山でホタル!幻想的な光と一緒に過ごそう!【2018年6月30日実施 / 八王子館町緑地保全地域 / ホタル / 自然観察 / 下草刈り / 間伐 / クラフト体験】

梅雨も明け、夏を迎えた八王子館町緑地保全地域。本日は保全活動をしたあと、ホタルの観察を行います。日中青空が広がり、夜が楽しみですね!

 

まず、班ごとに分かれて自然観察を行いました。夏に見られる草花などの解説を聞きながら、保全地域内を散策します。

 

散策中、昆虫もたくさん捕まえました!虫かごに入れてじっくり観察しましょう♪

 

続いて、健全な森づくりとホタルの生育環境を守るために、下草刈りと樹木の間伐を行います。

下草刈りでは、刈込ばさみを使い、地域内に繁茂した草を刈り進めていきました。

林床に光が当たり、明るい森に育つといいですね♪

 

一方、樹木の間伐では、ノコギリを使って一本、木を切り倒していきます。

下草刈りと同じく、明るい森づくりのために必要な作業です。

 

切り倒した木は、適当な長さに玉切りし、一か所に集積します。

作業が終了する頃には、夕方になっていました。

 

まだ暗くなるまでには時間があるので、クラフト体験として、竹の一輪挿しや間伐材を使ったペンダント作りなどに挑戦です!

 

上手に作れるかな?

 

ホオノキの大きな葉っぱでお面も完成♪

 

さあ辺りもすっかり暗くなり、いよいよホタル観察の時間です。

ホタルがびっくりしないよう、懐中電灯に赤いセロハンを巻いておきます。

準備ができたら、出発しましょう!

 

息をひそめ静かに待機していると、一つ、また、一つとホタルを見つけることができます!

今年は昨年よりも多く見られたようです。これも日頃から、リーダーはじめ皆様に保全地域の手入れをしていただいているおかげです。

 

本日は一日お疲れ様でした。ホタルが見られて良かったですね!

またのご参加をお待ちしております♪